■ 基本理念・運動の基本目標 ■

~基本理念~ ~運動の基本目標~
①私たちは、自由にして民主的な労働運動をめざし、同じ理念を持つ労働組合の結集を図り、 時代の流れに則した創造的な運動の充実と拡大に努めます。

②私たちは、民主主義の理念のもと特定のイデオロギーや全体主義はこれを排除し、また民主
 的労働運動を阻害するものを退け、政党・経営者などの外部団体から自立した自主的な団体と
 して行動します。


③私たちは、産業別組織の主体性を堅持するとともに、加盟組合の自主性を尊重し、相互信頼
 と協調の精
神に基づき、団結と連帯を強化します。

④私たちは、適正な成果配分を前提とした生産性の向上を通じて、雇用の確保をはじめとして
 労働諸条件の改善と福祉の向上に努め、組合員の豊かでゆとりある生活の実現をめざします。


⑤私たちは、産業政策の実現に力を結集し、産業民主主義の発展と強化を通じて生活の基盤で
 あるサービ
ス・ツーリズム産業の健全な発展に寄与するとともに、そこで働く者の社会的地
 位の向上を図ります。


⑥私たちは、労働者・市民と幅広く連帯し、自由、平等で公正な福祉社会、環境に優しい社会
 の実現をめざして積極的に貢献します。


⑦私たちは、平和産業に働く立場から広く世界に視野を広げ、サービス・ツーリズム産業に働
 く労働者との国際連帯を通じて、世界の恒久平和の実現をめざします。
 1.連合運動の一翼を担い、自由にして民主的な労働運動の基盤強化をめざします。

 2.「10万人組織」の実現を中長期的な目標に掲げ、組織拡大運動に全力を傾注します。

 3.加盟組合相互の団結と連帯を強化し、産業別組織の単組支援機能の充実をはかります。

 4.社会的に公正な産業基準を確立し、雇用の安定的な確保と労働条件の向上を目指します。

 5.共済制度の充実と関係機関との連携強化をはかり、相互扶助と組合員の生活支援に取り組みま
   す。

 6.積極的な産業政策活動に取り組み、産業活動の社会的公正さと観光立国にふさわしい産業の健全
   な発展を促します。


 7.産業民主主義の発展と健全な労使関係の確立にむけて、総合労使協議体制の構築を目指します。

 8.連合が掲げる政策・制度要求実現を目指し運動に取り組みます。

 9.社会との共生と連帯を目指して、社会貢献活動や国際活動に取り組みます。


 10.あらゆる分野への女性参加の推進と両立支援・男女平等社会の実現を目指します。